葬儀 新座

葬儀に関する豆知識

新座市・新座市近郊で葬儀社をお探しの方へ

  • 香典の金額相場ってどれくらい?通夜や葬儀で知っておきたい香典の常識

    香典の金額相場ってどれくらい?通夜や葬儀で知っておきたい香典の常識

    古来からの風習であるお香典。 突然の訃報でお香典を用意しなくては!となった時、 お香典について意外と知らないことが多いものです。 金額はどのくらい包めばよいのか。 香典袋は金額によって違うの? 知っていそうで、はっきりとはわからない 香典の常識をご紹介します。...

    続きを読む
  • 御霊前と御仏前の違いって?通夜や葬儀で知っておきたい香典の選び方

    御霊前と御仏前の違いって?通夜や葬儀で知っておきたい香典の選び方

    通夜や葬儀に持参する香典の常識、知っていますか? いざお香典を用意しようと買いに出て、さて困った! 御霊前、御仏前って何が違うの? 参列する葬儀で香典袋はどれを選べばよいのか・・・。迷いますよね。 こちらでは、正しいお香典の選び方についてお話しします。...

    続きを読む
  • 危篤の知らせから、葬儀まで。心得ておきたい訃報への対応とは?

    危篤の知らせから、葬儀まで。心得ておきたい訃報への対応とは?

    訃報への対応は、故人との関係によって異なります。 人間関係の距離感を間違えて弔問や葬儀にのぞむと、 遺族に不快感を与えたり、誤解やトラブルのもとにもなりかねません。 ここでは、故人との関係別に危篤から葬儀までの正しい対応についてお話したいと思います。...

    続きを読む
  • お悔やみの言葉で気をつけたいNGワード。遺族側になった時の返事の仕方は?

    お悔やみの言葉で気をつけたいNGワード。遺族側になった時の返事の仕方は?

    葬儀に際して、口頭では正しいお悔やみの言葉でも、手紙では使用できなかったり、述べる相手によっては的外れになる言葉もあります。 こちらでは、葬儀やお悔やみの手紙などで使うと失礼にあたるNGワードをご紹介します。 更に、自分が遺族側になったときの「お悔やみの言葉への返事の仕方」についても例文を交えてお話したい...

    続きを読む
  • 葬儀の時、悲しみの気持ちを的確に伝えたい。失礼にならないお悔やみの言葉とは。

    葬儀の時、悲しみの気持ちを的確に伝えたい。失礼にならないお悔やみの言葉とは。

    訃報を聞いて駆けつけた時、お通夜や葬儀で悲しみにくれる遺族を前にしてどう声をかけて良いか誰しも迷いますよね。 どんな言葉でも心を込めて声をかければ伝わるとは言いますが、 それでも、ぱっと言葉が出ないのが悲報というものです。 そんな時覚えていて安心なのが、お悔やみの例文です。 ここでは、葬儀の際の故人の...

    続きを読む
  • 突然の訃報。葬儀に何を着ていけば良い?失礼にならない弔事の装いとは。

    突然の訃報。葬儀に何を着ていけば良い?失礼にならない弔事の装いとは。

    訃報はほとんどの場合、突然やってきます。 急いで葬儀用の喪服を準備しなければなりません。 そんなとき、どの喪服がちょうど良いのでしょうか。髪型は?小物は?アクセサリーは? 考えることがいっぱい! 遺族や親族は正式礼装。 一般参列者の場合は、準礼装や略礼装が良いとされていますが、 故人との関係などで...

    続きを読む
  • 『斎場選びのコツ』斎場の種類とそれぞれのメリット、デメリットについて

    『斎場選びのコツ』斎場の種類とそれぞれのメリット、デメリットについて

    斎場とは、葬儀(お通夜・葬儀式・告別式)を行う式場をいいます。 かつては自宅で葬儀を行うのが一般的でしたが、時代やライフスタイルの変化と共に専用の式場で葬儀を執り行うことが増えてきました。 とはいえ、今でも家族葬などの小規模な葬儀はご自宅を斎場とすることもあります。 また、一口に「斎場」と言っても、公営...

    続きを読む
  • 『家族葬の手引き』家族葬についての詳細・家族葬の流れや執り行う際の注意点について

    『家族葬の手引き』家族葬についての詳細・家族葬の流れや執り行う際の注意点について

    家族葬は、ご家族やご親族、親しい方のみをお呼びして執り行う葬儀です。 参列者も少ないのが一般的であり、家族葬では平均すると10~30名ほどとされています。 小規模で行われるため、社交辞令を抜きにして落ち着いた雰囲気で故人とお別れできるのが特徴であり、最近ではこの方法を選ばれる方も多くいらっしゃいます。 ...

    続きを読む
  • 『広まる家族葬』家族葬が選ばれる理由やメリット・デメリット、その費用や様式について

    『広まる家族葬』家族葬が選ばれる理由やメリット・デメリット、その費用や様式について

    近頃では亡くなった方とのお別れも、近しい者だけで小規模に行いたいという方が増えています。 落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと故人を偲びたいという場合、家族葬という形もおすすめできる選択肢の一つと言えます。 家族葬は大々的な葬儀に比べ、準備面や費用面において執り行いやすいといわれますが、家族葬ならではの注意事...

    続きを読む