葬儀 新座

葬儀に関する豆知識

葬儀に関する豆知識

新座市・新座市近郊で葬儀社 をお探しの方へ

香典の金額相場ってどれくらい?通夜や葬儀での香典の常識

古来からの風習であるお香典。

突然の訃報でお香典を用意しなくては!となった時、

お香典について意外と知らないことが多いものです。

金額はどのくらい包めばよいのか。

香典袋は金額によって違うの?

知っていそうで、はっきりとはわからない

香典の常識をご紹介します。

お香典はいくら包めば良いの?

お香典は、家族を亡くした喪家の金銭的な負担を助けたいという思いから古来より行われている風習です。
 
そんな、通夜や葬儀に持参する「お香典」。
今度参列する葬儀にはいくら包めば良いだろう・・・と、誰でも一度は悩んだことありますよね。
 
香典の金額は、故人との関係の深さ、包む側の年齢、職業や社会的な立場によって変化します。
そして、葬儀の規模や地域のしきたりによっても違ってきます。
お香典の金額を一覧にしてみてみましょう。
 
・友人やその家族…………… 3千円〜5千円(年齢や社会的地位によって変動)
・隣人や近所………………… 3千円〜5千円(故人との関係の深さによって変動)
・職場関係…………………… 5千〜1万円(新入社員は3千円の場合も)
・仕事の取引先……………… 5千〜1万円
・叔父叔母…………………… 1万〜3万円
・祖父母……………………… 1万〜3万円
・兄弟姉妹…………………… 3万〜5万円
 
やはり、親族は多めに包むことがわかりますね。
 
ちょっと気になるのが、親族以外で葬儀で香典を多く包む場合です。
どのような場合、多く包むのでしょうか。
 
目安そしては、3〜5万円で、こんな場合です。
・故人との関係が深い
・つきあいが長い
・一家の主が亡くなった場合
 
感情移入してできるだけ多く包みたい!という方もいるかもしれませんが、
「多め」とはいえ、多ければ良いというわけではありません。
金額は、遺族が香典返しで困らない程度の金額にしましょう。
その他にも地域によって金額が異なったり、香典辞退が主流になってきている地域もあるので、
前もって確認しておくことが必要です。

包む金額と香典袋の選び方

香典を入れる袋は香典袋や不祝儀袋と呼ばれます。
香典を包むとき、金額と不祝儀袋の「格を合わせる」ことが必要です。
 

不祝儀袋の格を合わせるとは?

「格を合わせる」「格を上げる」とは、
金額に見合った外見の不祝儀袋を選ぶということなのですが、
イマイチわからないですよね。
例えば、上の写真のような水引も銀で立派な不祝儀袋に、3千円のお香典が入っているとします。
想像してみてください。
なんとも不釣り合いで変な感じがします。
 
遺族の方を変な気持ちにさせないようにするマナーとして、
不祝儀袋の格を金額にあわせます。
 

5千円以下の場合は水引が印刷されている略式のものを

主に、友人やその家族、近所の人が香典を供える場合です。

1〜2万円は黒白の水引のものを

職場関係、仕事の取引先、親戚の中でも叔父叔母など。
友人や近所の人でも故人と関係が深かった場合に使用します。
 

3〜5万円は双銀の水引の袋(水引全体が銀色のもの)

主に近い親戚。祖父母、兄弟姉妹が香典を供える場合です。